サイズ展開と選び方 - GUIDI(グイディ)図鑑  正規販売店

guidi(グイディ)図鑑 - 自然と科学、2つの調和で作り出す唯一無二のプロダクトをご紹介

Basic knowledge of
size range and selection

サイズ展開と選び方の基礎知識

レザーや革の種類だけでなく、豊富なサイズ展開もGUIDIの嬉しいところ。
このページでは、自分にあったサイズの選び方や、革が馴染んできたときの対処法についてもご紹介します。

Available in a wide range of sizes for men and women

メンズ、レディースで
幅広くサイズを展開

GUIDIのサイズ展開はレディースの35から0.5サイズ刻みでメンズの46までと非常に幅広くサイズを展開しています。
国内では41、42といった具合に[1] サイズ刻みでの展開がほとんどなのであまり馴染みのないかもしれません。
ここではおおよその目安として各サイズがどれくらいのサイズなのかを換算して表示しています。
"メンズサイズ40~46"
イタリア 日本 UK US
40 24.5~25cm 6.5 8
40 1/2 25~25.5cm 7 8.5
41 25.5~26cm 7.5 9
41 1/2 26~26.5cm 8 9.5
42 26.5~27cm 8.5 10
42 1/2 27~27.5cm 9 10.5
43 27.5~28cm 9.5 11
43 1/2 28~28.5cm 10 11.5
44 28.5~29cm 10.5 12
44 1/2 29~29.5cm 11 12.5
45 30~30.5cm 11.5 13
45 1/2 30.5~31cm 12 13.5
46 31~31.5cm 12.5 14
"レディースサイズ35~42"
イタリア 日本 UK US
35 19~19.5cm 1.5 3
35 1/2 19.5~20cm 2 3.5
36 20~20.5cm 2.5 4
36 1/2 20.5~21cm 3 4.5
37 21~21.5cm 3.5 5
37 1/2 21.5~22cm 4 5.5
38 22~22.5cm 4.5 6
38 1/2 22.5~23cm 5 6.5
39 23~23.5cm 5.5 7
39 1/2 23.5~24cm 6 7.5
40 24~24.5cm 6.5 8
40 1/2 24.5~25cm 7 8.5
41 25~25.5cm 7.5 9
41 1/2 25.5~26cm 8 9.5
42 26~26.5cm 8.5 10

GUIDI works vary slightly from person to person.

GUIDIの作品には
若干の個体差がある

すでにGUIDIをお持ちの方はご存知かと思いますが、GUIDIの作品は主に製品としての形を形成した後にタンブラーダイと言われる靴本体をまるごと染める手法で染色されています。
そのため革の縮みが不均一で製品によって若干サイズが大きかったり小さかったりします。
The point of choosing the size.

サイズ選びのポイントについて

さらに染色方法ゆえの個体差があることに加え、足の形は人によって千差万別。
靴選びで、特に悩むのがサイズ選び。検討していても、どのサイズを選べばいいのか悩んでいる方も多いはず。

では何を基準にサイズを選べばいいのか?
参考までにサイズ選びのポイントについて解説します。

ジャストサイズで履きたい場合

それぞれのサイズ感の好みもありますが、ジャストサイズで履きたいのなら
歩いた時にかかとがしっかりホールドされていることと、足の甲(ワイズ)が少し締めつけ感があるくらいがちょうど良いサイズです。
レザーの馴染みが非常に良く、しっかりとしたホールド感を生み出すため、足の甲はすぐにその人の足の形に馴染みます。 捨て寸を含めたアウトソールが合っていれば、ほぼ問題ありません。

全体のバランス見ながら選びたい

ファッションなので全体のバランス感を意識したサイズ選びも欠かせないところ。
一例として足のサイズ26cmのスタッフのサイズ選びの例をご紹介します。
このスタッフは普段サイズ41ですが、ワイドパンツに合わせることを考慮して、サイズ42のバックジップブーツを購入。かかとが少し浮くため、インソールでサイズ感を調節して履いています。
今は3年の着用を経て、革の伸びも出てきましたが、インソールの厚みを変更して履き心地とサイズ感を維持しています。このように、自分のスタイルによって選ぶことも可能です。